予防は最高の治療なり


PMTC

予防歯科、とは歯が悪くならないための治療です。ある意味これから本当に求められる治療といえます。
また、予防とメンテナンスは方法論としてその境界線が引けるものではありません。
今回は特にPMTCについてお話ししたいと思います。

PMTCとは?
PMTC…プロフェッショナル メカニカル トゥースクリーニング
つまり、歯科のプロが機会や薬剤を使って、プラークや歯石を掃除します。
主に、ブラシやラバーのチップ、フッ素化物入りのペーストを用いて清掃しますので、痛くありません。痛くないどころか、大変心地よいものですので、是非お勧めです。

過去、歯科医院といえば、虫歯や歯周病などの疾患を治療するところでしたが、その役割の予防に対する比重が高まりつつあります。
予防やメンテナンスにおいては、基本的には痛みを伴うことなどありませんので、気軽に来院して、笑って帰っていただけます。
また、終わりという概念がなく、定期的な長いお付き合いになるでしょう。
お付き合いの中から、もっとキレイにとか、もっと快適にといったご相談やご要望があればかなえてさしあげるという関係が理想的だと考えます。
予防の基本には定期検診とプラークコントロールにあります。定期検診により、事前に問題点を指摘すると同時に、プラークコントロールのためのブラッシング方法、ブラッシング器具の選択を指導します。
また、フッ素化物の応用、抗菌作用を有する薬剤の使用、キシリトール、リカルデントの摂取などの様々な方法があります。
Cure(治す)からCare(管理)に重心が移行してきております。
方法はいろいろありますが、今はまだ予防という概念を根付かせる過渡期にあるといえるのではないかと思います。

Comments are closed.